TRIUMPH / トライアンフ タイガー800

TRIUMPH / トライアンフ タイガー800について

【タイガー800の特徴】


タイガー800は2011年に発売した、トライアンフのミドルクラスアドベンチャーモデルです。発売時は、オンロード寄りのタイガー800とオフロード寄りのタイガー800XCがラインナップされました。
タイガー800は、デイトナ675やストリートトリプルに搭載された水冷3気筒エンジンのピストンストロークを延長し、800ccとしたエンジンを搭載しました。
これは、アドベンチャーモデルとしてのトルクを向上させる目的がありました。

2015年にはタイガー800の名称を変更し、タイガー800XRとして生産されました。

■タイガー800XC


タイガー800XCは2011年にタイガー800と同時にデビューしたオフロード指向の強いバリエーションでした。XCの由来は、クロスカントリーでした。
スポークホイールの採用や長めのサスペンションストローク、ヘッドライト下のくちばしが、オフロード向けということをはっきりと見せつけました。

2015年にフルモデルチェンジを受け、電子スロットルやトラクションコントロールが搭載されました。
同時にオフロードでの走破性を向上させるために、WP製サスペンションを採用し、可変式スクリーンやクルーズコントロールを搭載した上級グレードの「タイガー800XCx」
XCxの装備に加えて、グリップヒーターやシートヒーター、空気圧モニタリングシステム、LEDフォグライト、パニアレール等の快適装備を搭載した最上級グレードの「タイガーXCA」
も発売しました。

2018年のフルモデルチェンジからは、XCxとXCAの2モデルのみラインナップとなりました。そのため、XCxがよりオフロード指向のモデルで、XCAは変わらず最上級モデルとなりました。(XCのネーミングは廃止。)

■タイガー800XR


2015年のフルモデルチェンジを機に、タイガー800から名称変更されたのがタイガー800XRです。
タイガー800XRはロード指向の強いモデルとして、キャストホイールにオンロードタイヤを装着しました。

タイガー800XRとなったと同時に登場したのが、上級グレードと最上級グレードです。
3種類のライディングモードとクルーズコントロール等の電子装備や調整式ウインドスクリーン、ウインカーのオートキャンセル機構を搭載した上級モデルの「タイガー800XRx」XRxをベースとして、前後サスペンションをショート化し、シート高を約50mmダウンさせたローダウン仕様の「タイガー800XRx Low」
XRxの装備に加えて、グリップヒーターやシートヒーター、空気圧モニタリングシステム、LEDフォグライト、パニアレール等の快適装備を搭載した最上級グレードの「タイガーXCA」
も発売しました。

2018年のフルモデルチェンジ後も、3モデルでのラインナップは変わらず、XRxとXRTにはフルカラーTFTメーターが搭載されました。

【タイガー800の系譜】


2011年 タイガー800/XC
2015年 タイガー800XC/XCx/XCA
2015年 タイガー800XR/XRx/XRT

【タイガー800の基本スペック】


タイガー800XR-2018


全長:2215mm
全幅:795mm
全高:1350mm
ホイールベース:1530mm
シート高:810mm
車両重量:199kg
乗車定員:2名
エンジン種類:水冷4ストローク3気筒
排気量:800cc
圧縮比:11.3
最高出力:95ps
最大トルク:79Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):19L
タイヤサイズ(前):100/90-19
タイヤサイズ(後):150/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

タイガー800XRx-2018


全長:2215mm
全幅:795mm
全高:1350mm
ホイールベース:1530mm
シート高:810mm
車両重量:200kg
乗車定員:2名
エンジン種類:水冷4ストローク3気筒
排気量:800cc
圧縮比:11.3
最高出力:95ps
最大トルク:79Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):19L
タイヤサイズ(前):100/90-19
タイヤサイズ(後):150/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

タイガー800XRT-2018


全長:2215mm
全幅:795mm
全高:1350mm
ホイールベース:1530mm
シート高:810mm
車両重量:202kg
乗車定員:2名
エンジン種類:水冷4ストローク3気筒
排気量:800cc
圧縮比:11.3
最高出力:95ps
最大トルク:79Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):19L
タイヤサイズ(前):100/90-19
タイヤサイズ(後):150/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

タイガー800XCx-2018


全長:2215mm
全幅:805mm
全高:1390mm
ホイールベース:1545mm
シート高:840mm
車両重量:205kg
乗車定員:2名
エンジン種類:水冷4ストローク3気筒
排気量:800cc
圧縮比:11.3
最高出力:95ps
最大トルク:79Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):19L
タイヤサイズ(前):90/90-21
タイヤサイズ(後):150/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

タイガー800XCA-2018


全長:2215mm
全幅:805mm
全高:1390mm
ホイールベース:1545mm
シート高:840mm
車両重量:208kg
乗車定員:2名
エンジン種類:水冷4ストローク3気筒
排気量:800cc
圧縮比:11.3
最高出力:95ps
最大トルク:79Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):19L
タイヤサイズ(前):90/90-21
タイヤサイズ(後):150/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク


タイガー800の中古車相場\329,900~\734,900


タイガー800XR/XRx/XRTの中古車相場\999,900~\1,600,000


タイガー800XC/XCx/XCAの中古車相場\1,049,900~\1,839,400




【タイガー800のパワーユニット】


タイガー800シリーズは、デイトナ675やストリートトリプルの水冷3気筒エンジンをベースに、排気量を800ccに上げて、モデルごとにセッティングを行ったエンジンを搭載しています。

【タイガー800のシャシー】


シャシー類は各モデルグレードごとに別々の装備が整えられており、サスペンションのセッティング等も異なるものとなっています。


バイク館HP タイガー800 在庫車両一覧
タイガー800

トライアンフタイガー800XRX-2016

トライアンフタイガー800XRX-2016
走行わずかの良質アドベンチャーツアラー
年式
2016年
走行距離
1,533km
買取価格 60万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。