YAMAHA / ヤマハ トリッカー

YAMAHA / ヤマハ トリッカーについて

【トリッカーの特徴】


トリッカーは2004年3月に発売された、トライアル系でもありBMXのような雰囲気を楽しめるモデルとして登場しました。
セローの派生モデルとして思われがちなトリッカーですが、実はトリッカーは2004年、セローは2005年の発売なので、全くの別モデルということになります。
トリッカーのラインナップは2017年の排ガス規制で一度終わりますが、2018年に対応して再登場しました。ただその後に再度生産終了となり、セローも同時期にFinal Editionを発売したことで、ヤマハのラインナップからコンペモデル以外のオフロードモデルは無くなることとなりました。

■「フリーライド・プレイバイク」


どんな場所でも、どんな乗り方でも、気軽に楽しめるをコンセプトとして開発されました。オフロードバイクとしては、810mmのシート高はリアサスペンションの伸び縮みも含めて足つき性が良く、125kgの重量も軽く扱いやすいものとなっていました。
また、乗用バイクとしては、必要最低限の装備となっており、他のロードモデルと比べても安価で手を伸ばしやすい価格となっていました。

■3代まで続くラインナップ


2004年に発売した初代モデルから、再登場した2018年の3代目まで、約15年以上にわたって生産されました。

キャブレターの初代、FI化の2代目、平成28年排ガス規制に対応した3代目となっています。
せっかく2018年に復活したトリッカーも平成32年排ガス規制(ユーロ5同等)には抗えず、セローと同様ABS搭載の義務化にも泣かされた形となりました。

■トリッカーの歴史


2004年に発売されたトリッカーは、翌2005年に専用ホイールとメタリック塗装のタンクカバーを装着したトリッカー Sを発売しました。
2006年にもカラーチェンジを行い、初代キャブレタートリッカーから2代目に移行しました。

2008年のマイナーチェンジで、フューエルインジェクション化を行いました。また、タンク容量も6Lから7.2Lに拡大し、シート形状も変更しました。
2011年にはGKダイナミックス社(ヤマハ二輪のデザインを数多く手掛ける別会社)から、1970年代前半のTYシリーズをイメージした換装キット発売されました。
その後2017年限りで平成28年排ガス規制に対応せずに、2代目トリッカーは生産終了となりました。

生産終了から約1年。2018年には規制に対応したモデルを3代目トリッカーとして再発売しました。FIシステムの最適化やキャニスターの装備で規制に対応しました。
エンジン出力が若干向上し、タンク容量がわずかに減りました。

【トリッカーの系譜】


2004年 トリッカー(初代)
2008年 トリッカー(2代目)
2018年 トリッカー(3代目)

【トリッカーの基本スペック】


型式:2BL-DG32J
全長:1980mm
全幅:800mm
全高:1145mm
ホイールベース:1330mm
最低地上高:280mm
シート高:810mm
車両重量:127kg
乗車定員:2名
燃料消費率(1)(km/L):45.2
エンジン型式:G3J9E
エンジン種類:空冷4ストローク単気筒
排気量:249cc
圧縮比:9.7
最高出力:20ps
最大トルク:20Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):7L
燃料(種類):レギュラーガソリン
バッテリーサイズ:YTZ7S
タイヤサイズ(前):80/100-19
タイヤサイズ(後):120/90-16
ブレーキ形式(前):油圧式ディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

トリッカーのカラーラインナップ


・ディープオレンジメタリック
・マットブラック
など

トリッカーの中古車相場\174,400~\880,000




【トリッカーの装備】


トリッカーはオフロードスタイルのモデルとして必要最低限の装備としていました。これは、走行に必ず必要なモノのみの採用で、必ずしも必要のない装備は取り除かれていました。
そのおかげで、他のロードモデルと比べて安価で購入しやすい価格となっていました。

【トリッカーのパワーユニット】


セローでも採用された空冷4ストローク単気筒エンジンは、3代目モデルで最高出力20psに到達しました。自由にどこでもどんな状況でも楽しめるよう、常用回転域から高回転域までスムーズな出力ができ、遊びつくせるマシンとなっていました。

【トリッカーのシャシー】


シンプルかつ軽量で安全性のある足回りとなっており、前後シングルディスクで制動能力も申し分ありません。もちろんヤマハ特有のハンドリングが最大の特徴で扱いやすさが最重要視されたモデルでした。


バイク館HP トリッカー 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/トリッカー

ヤマハトリッカーー2019

ヤマハトリッカーー2019
最終型のDG32トリッカーになります。最終と事もあり高額査定の雰囲気がございました。
年式
2019年
走行距離
300km
買取価格 40万円

ヤマハトリッカー-2018

ヤマハトリッカー-2018
スタイリッシュな印象のヤマハトリッカー…社外マフラー装着車の買取ケースになります。
年式
2018年
走行距離
2,000km
買取価格 35万円

ヤマハトリッカー

ヤマハトリッカー
マチを、遊びつくせ。をキャッチフレーズにコンパクトで力持ちな心地良いバイクです。
年式
2006年
走行距離
2.2万km
買取価格 17万円

ヤマハトリッカー-2014-20220730

ヤマハトリッカー-2014-20220730
走行距離なんと190km!!驚きの低走行トリッカーの買取事例になります。
年式
2014年
走行距離
190km
買取価格 38万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。