HONDA / ホンダ CBR1000RR/CBR1000RR SP

HONDA / ホンダ CBR1000RR/CBR1000RR SPについて

【CBR1000RR/CBR1000RR SPの特徴】


前身のCBR954RRのフルモデルチェンジとして、2004年に姿を変えたのが、CBR1000RRです。海外では、変わらずファイヤーブレードの新モデルとして販売されました。
当時のMotoGPマシン「RC211V」のノウハウを惜しみなく投入し、リッタークラスのスーパースポーツフラッグシップモデルとして、レースファンを始め、バイクファンから愛されてきた一台です。

■「RacingDNAのきらめく結晶」


開発時点でMotoGPマシン「RC211V」の開発に携わったメンバーが集結しました。
エンジン・フレームから細部まで、RC211Vのノウハウを詰め込んだ完全新設計のマシンとなっていました。
まさにホンダのレースシーンの歴史の結晶ともいえるマシンとして、登場しました。

■マイナーチェンジを重ね、洗練されたマシンへ


初期型のSC57型で2度、2代目のSC59型で3度、3代目のSC77型で1度マイナーチェンジを行い、その時々の最新鋭の装備が投入され続けました。
SC77型の2019年には、CBR1000RRの開発時の「RC211V」から「RC213V」へモデルチェンジしていた、MotoGPワークスマシンの制御プログラムをベースにするなど、レースマシンからのフィードバックもしっかりと受け取っていました。

■市販車ベースのSBKでも躍動


2017年のフルモデルチェンジの際に、SBK(スーパーバイク世界選手権)のレギュレーションに合わせた、電子制御系の採用もしており、世界最高峰のレースシーンMotoGPマシンをベースとした、市販車マシンが一般市場はもちろん、最高峰のレースシーンSBKで躍動するという流れとなりました。

■CBR1000RRのモデルチェンジ年表


SC57型(初期型)


2004年の発売翌年に、カラーチェンジ及びハザードランプの装備を行うマイナーチェンジを行いました。この2005年には、Special Editionとして、MotoGPマシンのレプソルカラーを設定しました。
2006年にもマイナーチェンジを行い、操作性の向上とマスの集中化を目的とした、細部の見直しが行われました。結果、4kgの軽量化に成功しました。
2007年にはカラーチェンジや複数の限定カラーを設定したSpecial Editionの継続をしました。

SC59型(2代目)


2008年に「オール・ザ・ベスト・イン・スパースポーツ」というコンセプトで、フルモデルチェンジを行いました。このモデルチェンジでも、MotoGPマシンのフィードバックを受け、再開発を行うとともに、平成19年排ガス規制もクリアしました。このモデルチェンジから、燃料種類がレギュラーガソリンからハイオクガソリンへと変更となりました。
2010年にSC59型として1度目のマイナーチェンジを行い、慣性マスを約7%向上させ、クランクシャフトの剛性も高めました。
2012年には2度目のマイナーチェンジ。足回りの見直しを行い、操作性の向上を図りました。前後サスペンションの構造及び、前後ホイールの形状も変更されました。
2014年に3度目のマイナーチェンジを行い、エンジンの吸気ポートの形状を変更。また、ハンドルポジションの変更、ステップ位置を10mm後退されたことで、よりスポーティなライディングポジションとなりました。

2014年のMotoGPでレプソルホンダが3部門でタイトルを獲得した記念として、翌2015年に、受注期間限定でChampion Specialを販売しました。バリエーションは、当時レプソルホンダ所属のマルク・マルケス選手とダニ・ペドロサ選手のゼッケンナンバーのステッカーが同梱していました。

SC77型(3代目)


2017年にSC77型となる、フルモデルチェンジを行い、国内仕様でもメーカー自主規制が撤廃されたおかげで最高出力192psとなりました。
また、SBKのレギュレーションに合わせて、電子スロットル等も装備されました。
このモデルチェンジでは、従来から設定のあったオーリンズ製サスペンションやブレンボ製ブレーキキャリパーを装備した上級グレードのSPに加え、レーシングマシンへのカスタムを前提とし、マルケジーニ製ホイールの装備やピストン等の新専用設計をした、最上級グレードのSP2も発売されました。
SC77型は2019年にマイナーチェンジを行い、MotoGPマシンの「RC213V」からフィードバックを受け、制御プログラム等を開発。併せて、各電位制御系の設定も進化させました。

この2019年のマイナーチェンジを最後に、2020年のフルモデルチェンジでCBR1000RR-Rへと移行し、CBR1000RRとしては約15年の歴史に幕を閉じました。

【CBR1000RR/CBR1000RR SPの系譜】


1990年 CBR750RR Prototype
1992年 CBR900RR(SC28前期)
1994年 CBR900RR(SC28後期)
1996年 CBR900RR(SC33前期)
1998年 CBR900RR(SC33後期)
2000年 CBR929R(SC44)
2002年 CBR954RR(SC50)
2004年 CBR1000RR(SC57前期)
2006年 CBR1000RR(SC57後期)
2008年 CBR1000RR(SC59前期)
2012年 CBR1000RR(SC59後期)
2017年 CBR1000RR(SC77)
2020年~CBR1000RR-R(SC82)

【CBR1000RR/CBR1000RR SPの基本スペック】


型式:2BL-SC77
全長:2065mm
全幅:720mm
全高:1125mm
ホイールベース:1405mm
最低地上高:130mm
シート高:820mm
車両重量:196kg
乗車定員:2名
燃料消費率(1)(km/L):25.0
燃料消費率(1)(km/L):17.7
エンジン型式:SC77E
エンジン種類:水冷4ストローク直列4気筒
排気量:999cc
圧縮比:13
最高出力:192ps
最大トルク:113Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):16L
燃料(種類):ハイオクガソリン
バッテリーサイズ:YTZ7S
タイヤサイズ(前):120/70ZR17
タイヤサイズ(後):190/50ZR17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

CBR1000RR/CBR1000RR SPのカラーラインナップ


・グランプリレッド
・マットバリスティックブラックメタリック
・ヴィクトリーレッド
・レプソルカラー
・ロスホワイト


CBR1000RR/CBR1000RR SPの中古車相場\550,000~\2,299,000




【CBR1000RR/CBR1000RR SPの装備】


SC77型では、公道用マシンとしてもレースマシンとしても活躍することを求め、フルデジタルメーターを採用。このメーターはストリート・サーキット・メカニックと3種類の「表示モード」が設定されました。また走行モードにはウィリーコントロールも追加され、公道マシンだけではなく、レースマシンとしても十分すぎる装備を揃えました。
全灯火類にLEDの採用や、前後ホイールをY字5本スポークにして軽量化するなど、公道走行でも嬉しい装備が整いました。

【CBR1000RR/CBR1000RR SPのパワーユニット】


999cc水冷DOHC直列4気筒エンジンは、レースマシンからのフィードバックを受け、軽快でトルクフル、高い操作性を実現しました。また、軽量化を図ったうえで、最高出力192psを達成するなど、リッタークラススーパースポーツのフラッグシップモデル、最高のパワーユニットとなりました。
チタン製のマフラーを採用し、見た目から高級感を演出し、さらには軽量化にも成功しました。6速クロスミッションの採用や新設計のラジエーターの採用、アシストスリッパ―クラッチの採用等で全体的な軽量化に成功しました。

【CBR1000RR/CBR1000RR SPのシャシー】


シャシーでも軽量化を目指し、高剛性のアルミダイキャストフレームを採用。シートレールにもアルミダイキャストを採用し、大きく軽量化貢献しています。
ローリングシャシーでは、CBR1000RRは、対抗ピストン4ポッドキャリパーを、SPでは、ブレンボ製のモノブロックキャリパーを採用。高い剛性と高い制動力、そして軽量化も両立しました。
フロントフォークは路面追従性の高い倒立フォークを採用。テレスコピック式ビッグピストンとなっており、スムーズで減衰力の素早い立ち上がりが可能となりました。

バイク館HP  CBR1000RR/CBR1000RR SP 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/CBR1000RR

ホンダCBR1000RR

ホンダCBR1000RR
SOXの各販売店で人気のあるバイクのため、当社としてはぜひ、お売りいただきたいと思って出張査定に伺いました。
年式
2009年
走行距離
2.0万km
買取価格 65万円

ホンダCBR1000RR_2

ホンダCBR1000RR_2
ワンオーナー、高コンディションの車両の為、高額査定となりました。
年式
2017年
走行距離
7,000km
買取価格 135万円

ホンダCBR1000RR_3

ホンダCBR1000RR_3
CBR1000RR 2013年 レプソルカラー 逆車
年式
2013年
走行距離
2.4万km
買取価格 100万円

ホンダCBR1000RR_4

ホンダCBR1000RR_4
CBR1000RR SC59前期 逆車
年式
2008年
走行距離
1.7万km
買取価格 75万円

ホンダCBR1000RR-10

ホンダCBR1000RR-10
水冷直列4気筒エンジン搭載のスーパースポーツ。
年式
2010年
走行距離
1.2万km
買取価格 90.5万円

ホンダCBR1000RR-220604

ホンダCBR1000RR-220604
SPルックのショップコンプリート車両!
年式
2017年
走行距離
5,896km
買取価格 126万円

ホンダCBR1000RR-20220611

ホンダCBR1000RR-20220611
国内2006年モデル!
年式
2006年
走行距離
1.5万km
買取価格 30万円

ホンダCBR1000RR SP-20220702

ホンダCBR1000RR SP-20220702
スーパースポーツながらライダーの技量に合わせてくれる万能番長 CBR1000RR-SP
年式
2017年
走行距離
1.0万km
買取価格 123万円

ホンダCBR1000RR SP-20220827

ホンダCBR1000RR SP-20220827
レプソル仕様に外装交換 カスタム多数の為高価買取をご提案できました。
年式
2014年
走行距離
3.1万km
買取価格 88万円

ホンダCBR1000RR_5-20221105

ホンダCBR1000RR_5-20221105
外装変更の人気モデル!
年式
2006年
走行距離
2.4万km
買取価格 49万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。