HONDA / ホンダ CBR250RR

HONDA / ホンダ CBR250RRについて

【CBR250RRの特徴】


2017年に発売された水冷4サイクルDOHC4バルブ2気筒を搭載したMC51型は、新設計エンジンや250㏄クラスとしては初となるフライ・バイ・ワイヤを採用するなど、意欲的なモデルです。フロントフォークも倒立式を採用し、CBR250R(MC41型)とは一線を画しています。
そのCBR250RRの歴史は1990年にまで遡ります。この年に4ストレーサーレプリカのCBR250Rの後継機種として登場した、CBR250RR(MC22型)は高回転型のコンパクトなスーパースポーツとして、当時の最新鋭メカニズムが採用されたマシンでした。
20数年後に登場したCBR250RR(MC51型)は2気筒エンジン搭載のモデルとして、当時とは全く違うモデルとして登場しました。

■高性能250ccスーパースポーツとして確立


2000年代から続いていたフルカウルスーパースポーツのブームの中、CBR250R(MC41型)より高性能なスポーツマシンが求められたCBR250RRは、エンジンやフレームの新設計に加えて、250cc初の採用となったスロットル・バイ・ワイヤシステムの採用などで、トップクラスの瀬能を誇る250ccフルカウルスーパースポーツとしての地位を確立しました。

■洗練されたスタイリッシュなデザイン


発売当時の250ccクラスフルカウルスーパースポーツとは一線を画すデザインとなっていました。ワルキューレルーンなどのデザイナーがデザインを務めており、洗練されたスタイリングが光ります。

■RRの名にふさわしい新設計エンジン


軽量な車体を生かしたパフォーマンスを追求した新設計のエンジンです。
スロットル・バイ・ワイヤシステムの搭載で3種類のパワーモードの設定も可能になりました。
他の250ccクラスフルカウルスーパースポーツが30馬力台のマシンが多いのに対し、CBR250RRは最高出力41psを達成しています。

■CBR250RRのモデルチェンジ年表


2017年の登場以降は、2018年、2019年共にカラーチェンジのみでした。
2020年には初めてのマイナーチェンジを行い、新形状ピストンの採用やマフラー内部の構造変更などで最高出力・最大トルクを向上させました。
アシストスリッパ―クラッチも採用され、快適性も向上しました。
2022年現在は、2020年のマイナーチェンジ以降カラーチェンジのみとなり、継続生産されています。


【CBR250RRの系譜】


1986年 CBR250Four(MC14)
1987年 CBR250R(MC17)
1988年 CBR250R(MC19)
1990年 CBR250RR(MC22)
1991年 ジェイド(MC23)
1996年 ホーネット(MC31)
2011年 CBR250R(MC41)
2014年 CBR250R(MC41後期)
2014年 CB250F(MC43)
2017年~CBR250RR(MC51)
2018年~CB250R(MC52)

【CBR250RRの基本スペック】


型式:2BK-MC51
全長:2065mm
全幅:725mm
全高:1095mm
ホイールベース:1390mm
最低地上高:145mm
シート高:790mm
車両重量:168kg
乗車定員:2名
燃料消費率(1)(km/L):40.1
燃料消費率(1)(km/L):27.1
エンジン型式:MC51E
エンジン種類:水冷DOHC直列2気筒
排気量:249cc
圧縮比:12.1
最高出力:41ps
最大トルク:25Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):14L
燃料(種類):レギュラーガソリン
バッテリーサイズ:YTZ7S
タイヤサイズ(前):110/70R17
タイヤサイズ(後):140/70R17
ブレーキ形式(前):油圧式ディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

CBR250RRのカラーラインナップ


・グラファイトブラック
・マットガンパウダーブラックメタリック
・パールグレアホワイト
・グランプリレッド

CBR250RRの中古車相場\368,000~\2,200,000




【CBR250RRの装備】


全灯火類はLED化されています。メーターは視認性の良いデジタルメーターを採用。メイン液晶にタコメーターと速度計、ODOメーターを表示させ、左側に燃料計と水温計のサブ液晶をレイアウト。各インジケーター類も別窓に表示し、視認性を向上させました。
オプションとして、クイックシフターの設定もあり、250ccクラスフルカウルスーパースポーツとして十分な装備を備えました。

【CBR250RRのパワーユニット】


高回転域での高出力化を目指した新設計の水冷DOHC2気筒エンジンです。バランサーシャフトの小径化やバルブスプリング果汁の最適化などによって、最高出力41psを達成しました。
また、吸気系やマフラー内部構造の最適化を行い、全回転域でのスムーズな走行性能が実現されました。

【CBR250RRのシャシー】


「速さを伝えるマシン骨格」をコンセプトに新設計されたフレームは、トラス構造を採用。強さとしなやかさを両立し、スイングアームをアルミ製にすることで、運動性能を向上させました。

バイク館HP  CBR250RR 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/CBR250RR

ホンダCBR250RR

ホンダCBR250RR
この2018年型 CBR250RRは、全体的に綺麗な1台です。アールズサイレンサー、フェンダーレス仕様でした。一見して高額査定になりそ…
年式
2018年
走行距離
6,000km
買取価格 57.5万円

ホンダCBR250RR-017

ホンダCBR250RR-017
走行距離少ない綺麗なノーマル車!
年式
2017年
走行距離
1,481km
買取価格 45万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。