HONDA / ホンダ CBR400RR

HONDA / ホンダ CBR400RRについて

【CBR400RRの特徴】


1988年のレーサーレプリカの時代にNC23型CBR400Rの後継として登場したのがCBR400RRです。
空力性能の高いカウルや純正でラジアルタイヤ装着などスポーツ走行性能は大きく進化していました。
また、市販車ベースとしては初めて、アルミマフラーを純正装着していました。
1990年にはエアクリーナーやキャブレターのレイアウトなど吸排気系の一新、フレームや足回りも新設計でマスの集中化のフルモデルチェンジを行い、今までCBR400Rから変更の無かった型式がNC23からNC29に変更となりました。
そして、1994年に吸排気のバルブの開閉時期の変更、圧縮比や排気系も変更し、低-中回転域での力強いトルク特性とレスポンス性を向上させました。

最後は2000年をもって、販売が終了となりました。

CBR400RRの基本スペック


全長:1990mm
全幅:670mm
全高:1080mm
ホイールベース:1365mm
最低地上高:125mm
シート高:750mm
車両重量:180kg
燃料消費率(1)(km/L):32.0
排気量:399cc
最高出力:53ps
最大トルク:3.6kgf・m
燃料タンク容量(L):15L
燃料(種類):レギュラーガソリン

CBR400RRのカラーラインナップ


・トリコロール
・ブラック/レッド

CBR400RRの中古車相場¥499,000~¥1,298,000



【CBR400RRの装備】


NC23型のCBR400RRはF17,R18インチとなっていますが、NC29型のCBR400RRは前後共に17インチとなっています。
LCG(Low Center of Gravity)フレームという名前の通り低重心のフレームを採用し、寝かし込みから切り返す際、車体を起こしやすくしています。

【CBR400RRのパワーユニット】


水冷直列4気筒エンジンに水冷オイルクーラーを搭載することで、CBR400Rより最大トルクをアップしました。
またシリンダーヘッドの設計変更やバルブ駆動の変更、NC29型のエンジンでは点火装置やキャブレターをVG04型からVP01型への変更等、エンジン型式はNC23Eのままながらも、全く同じエンジンではなく、空力性能の高いカウリング等、車体側に合わせて調整を行っています。

バイク館HP  CBR400RR 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/CBR400RR

ホンダCBR400RR-1994

ホンダCBR400RR-1994
希少レプリカ車!!
年式
1994年
走行距離
3.3万km
買取価格 35万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。