HONDA / ホンダ CBR600RR

HONDA / ホンダ CBR600RRについて

【CBR600RRの特徴】


CBR600RRは2003年から一度生産終了を挟んで、現行でも販売されているミドルクラススーパースポーツマシンです。発売当時はGPマシンのロードスポーツモデルをイメージしたスタイリングとなっていました。国内モデルは自主規制の影響もあり、69psとなっていましたが、海外仕様は117psのフルパワーとなっていました。
2013年には一度ラインナップから姿を消しますが、2020年に新しいCBR600RRとして再登場しました。
現在は欧州での販売もあまり多くなく、アジア圏もそこまで多くありません。ほぼ日本国内での販売のみになってしまっているので、最終型とも噂されています。

■進化した電子系統


2013年まで販売されていたものと2020年に再登場したモデルを比較すると、7年ほどの月日でバイクの電子系統の装備が大きく進化したことがわかります。
主には電子スロットルの装備とそれに付随する5種類のライディングモードの設定。また慣性ユニットのIMUやトラクションコントロール等、安全装備から快適装備など数多くの電子機器が装備されました。

■AWAKEN THE RACE


レースに勝つ。すべてを賭けて。というコンセプトでサーキットでの運動性能を徹底的に追及しました。車体デザインは、MotoGPマシン「RC213V」からフィードバックを受けた「CBR1000RR-R」の開発ノウハウを投入した空力性能を重視したデザインとなっています。
レースに勝つためのマシンですが、ライディングポジションは実は厳しくありません。SSの中で一番乗りやすいといわれるほど余裕のあるポジションで、「乗りやすさこそが速さにつながる」というRCVコンセプトを体現しているマシンとなっています。

■CBR600RRのモデルチェンジ年表


発売の2003年から2004年はカラーチェンジのみで過ごし、2005年にフルモデルチェンジを行いました。メインフレームをメインに5.6kgの大幅な軽量化を成功させました。また、発売時は正立フォークだったフロントサスペンションは、倒立フォークに変更となりました。
2006年にはSpecial Editionとして、MotoGPのMovistarカラーを発売しました。

翌2007年にもフルモデルチェンジを行い、さらに8kgの軽量化に成功し、平成19年排ガス規制にも対応しました。
2008年にはMotoGPのコニカミノルタカラーのSpecial Editionを発売しました。
2013年には新設計のカウリングを採用するマイナーチェンジを行いました。
また、この年にはMotoGPのレプソルカラーのSpecial Editionを発売し、国内販売は一度終了となりました。

2020年には新登場という形で、復活を果たしました。
主には電子系統の追加とCBR1000RR-Rからノウハウを受け継いだ空力デザイン等が主な変更点となっています。

【CBR600RRの系譜】


2003年 CBR600RR(PC37前期)
2005年 CBR600RR(PC37後期)
2007年 CBR600RR(PC40前期)
2009年 CBR600RR(PC40中期)
2013年 CBR600RR(PC40後期)
2020年 CBR600RR(PC40?期)

【CBR600RRの基本スペック】


型式:2BL-PC40
全長:2030mm
全幅:685mm
全高:1140mm
ホイールベース:1375mm
最低地上高:125mm
シート高:820mm
車両重量:194kg
乗車定員:2名
燃料消費率(1)(km/L):23.5
エンジン型式:PC40E
エンジン種類:水冷4ストローク4気筒
排気量:599cc
圧縮比:12.2
最高出力:121ps
最大トルク:64Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):18L
燃料(種類):ハイオクガソリン
バッテリーサイズ:YTZ10S
タイヤサイズ(前):120/70ZR17
タイヤサイズ(後):180/55ZR17
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

CBR600RRのカラーラインナップ


・グランプリレッド
・ロスホワイト
・グラファイトブラック
・ヴィクトリーレッド

Special Edition
・Movistar
・コニカミノルタ
・レプソル

CBR600RRの中古車相場\520,000~\2,100,000




【CBR600RRの装備】


フルカラーのデジタルメーターを採用し、画面情報の量を3種類から選べるモードを追加し、場面によって切り替えることができます。
全灯火類はLEDとなっており、ヘッドライトは軽量化のために2眼式となっています。

【CBR600RRのパワーユニット】


水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒エンジンは力強いトルク感と、高いレスポンスを実現しました。これにより、ライダーの感覚との再現性を上げ、思い通りに操れるマシンとして、ミドルクラスSSの立ち位置を確立しました。

【CBR600RRのシャシー】


シャシーはサーキットのみではなく、市街地でもゆとりあるポジションをとれるよう設計されました。中空アルミダイキャスト製ツインチューブフレームを採用し、高次元の操作性納を誇ります。
また、電子制御のステアリングダンパーを採用し、各速度域での安定感を高めています。

バイク館HP  CBR600RR 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/CBR600RR

ホンダCBR600RR-14

ホンダCBR600RR-14
圧倒的パワーをコントロールしてみませんか。
年式
2014年
走行距離
1.4万km
買取価格 72万円

ホンダCBR600RR-2021

ホンダCBR600RR-2021
ホンダのミドルクラススーパースポーツCBR600RR アクラボビッチスリップオンマフラーが装着された一台の買取事例になります。
年式
2021年
走行距離
1,000km
買取価格 146万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。