HONDA / ホンダ CRF1000L Africa Twin

HONDA / ホンダ CRF1000L Africa Twinについて

車種 「CRF1000Lアフリカツイン」

【CRF1000Lアフリカツインの特徴】


CRF1000Lアフリカツインは、2016年から2019年まで販売されたアドベンチャーモデルです。1988年から2000年まで販売されていたアフリカツインの名前を継承する、CRFシリーズとしてのデビューでした。
ダカールラリー参戦モデルのCRF450ラリーをスポーティにしたスタリングとなっていました。

■DCTモデルや上級グレードのラインナップ


後に続く、CRF1100Lアフリカツインと同様に様々なバリエーションがラインナップしていました。
発売時には、標準モデルとDCT搭載モデル。2018年からは、24Lの大型燃料タンクやパイプガード、スキッドプレート、専用サスペンションを装備した「CRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ」も発売されました。アドベンチャースポーツにもDCTモデルが設定されており、ローダウン仕様のType LDも両タイプ設定されたため、すべて合わせると6モデルのラインナップとなりました。

■機能性を重視したスタリング


CRF1000Lアフリカツインは3つのキーワードから、スタイリングを構成しました。
突起物を排除したボディやエンジン、スキッドプレートの採用で、車両のダメージを最小限にする「ミニマムダメージ」。
マスの集中化を追求した構成で、扱いやすいスリムなボディを目指した「俊敏」。
レイアウトやパーツの選択を機能性に特化したものにし、機能美を追求した「軽量かつコンパクト」。

■CRF1000Lアフリカツインのモデルチェンジ年表


登場の翌年、2017年に排ガス規制に対応するマイナーチェンジを実施しました。
2018年にもマイナーチェンジを行い、電子スロットルの採用、グリップヒーターなどの快適装備が追加されました。
同時に上級グレードのCRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツも発売しました。
その後、2019年までは、カラーチェンジを行い、2020年にCRF1100Lアフリカツインへと排気量アップなど進化しました。

【CRF1000Lアフリカツインの系譜】


1979年 XL500S/R
1983年 XLV750R
1983年 RS750D/NS750
1985年 XL600R PHARAOH
1986年 NXR750
1987年 TRANSALP
1988年 Africa Twin
1999年 VARADERO
2016年 CRF1000Lアフリカツイン
2019年 CRF1100Lアフリカツイン


【CRF1000Lアフリカツインの基本スペック】


CRF1000Lアフリカツイン


型式:2BL-SD04
全長:2330mm
全幅:930mm
全高:1475mm
ホイールベース:1575mm
最低地上高:250mm
シート高:870mm(850mm)
車両重量:230kg
乗車定員:2名
燃料消費率(1)(km/L):32.0
エンジン型式:SD04E
エンジン種類:水冷4ストローク2気筒
排気量:998cc
圧縮比:10
最高出力:95ps
最大トルク:99Nm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量(L):18L
燃料(種類):レギュラーガソリン
タイヤサイズ(前):90/90-21
タイヤサイズ(後):150/70R18
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後):油圧式ディスク

CRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ


型式:2BL-SD04
全長:2340mm
全幅:930mm
全高:1570mm
ホイールベース:1580mm
最低地上高:270mm
シート高:890mm(870mm)
車両重量:243kg

CRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ Type LD


型式:2BL-SD04
全長:2310mm
全幅:930mm
全高:1510mm
ホイールベース:1560mm
最低地上高:210mm
シート高:830mm(810mm)
車両重量:242kg

CRF1000Lアフリカツインのカラーラインナップ


・グランプリレッド
・グリントウェーブブルーメタリック
・マットバリスティックブラックメタリック
・パールグレアホワイト

CRF1000Lアフリカツインの中古車相場\890,000~\1,495,000


CRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツの中古車相場\1,288,000~\1,430,000




【CRF1000Lアフリカツインの装備】


様々な形状のトップケースに対応する、リアキャリアを標準装備しました。
また、シートはアジャスター付きでシート高を調節できる仕組みになっています。
全灯火類はLEDとなっており、ヘッドライトの2眼はアフリカツインの特徴となっています。

【CRF1000Lアフリカツインのパワーユニット】


オンロードからオフロードまで幅広い用途での扱いやすさを追求した、水冷4ストローク2気筒エンジンを採用しました。
電子スロットルの採用により、4種類のライディングモードの選択も可能になりました。
DCTモデルには、最高80通り以上のモード選択で、オフロードでも力強い走りを可能にしました。

【CRF1000Lアフリカツインのシャシー】


ラリーレースで培われたノウハウを惜しみなく投入したCRF1000Lアフリカツインは、セミダブルクレードルフレームを採用しました。これにより、オンロードでは扱いやすく、長距離では快適に、積載時は安定する車体となりました。
フロントサスペンションは、標準モデルが230mmのロングストローク倒立フォーク、アドベンチャースポーツは252mmのロングストローク倒立フォークを採用しています。
両モデルともABSを標準装備としており、ON/OFFの切り替えも選択可能となっています。

バイク館HP  CRF1000Lアフリカツイン 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/CRF1000Lアフリカツイン

ホンダCRF1000L Africa Twin DCT_2016

ホンダCRF1000L Africa Twin DCT_2016
人気のアドベンチャーモデルであり、走行距離がわずか約1000㎞と新車同様のため非常に高い査定額となりました
年式
2016年
走行距離
1,000km
買取価格 95万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。