HONDA / ホンダ GB250クラブマン

HONDA / ホンダ GB250クラブマンについて

【GB250クラブマンの特徴】


1983年から1997年までの約13年間の間、数度のマイナーチェンジを受けながら生産され続けた人気バイクがGB250クラブマンです。
GB250クラブマンは、1960年代のレーサーのような伝統的なスタイルの空冷単気筒モデルとなりました。空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを採用しており、最高出力30psを達成。また、リッター58kmの高燃費も両立していました。

初登場の約4年後の1987年には左右2本出しのマフラーから1本出しタイプに変更しました。またキャブレターの変更も行い、1度目のマイナーチェンジとなりました。
翌年の1988年には2度目のマイナーチェンジを行い、ハンドルを少し絞るなどの変更が加えられました。
また翌年の1989年には、燃料タンクの形状変更やメンテナンスフリーバッテリーの採用などのマイナーチェンジとなりました。
1995年のマイナーチェンジでは、前後フェンダーをメッキ仕上げ変更、ハンドルもコンチネンタルハンドルが採用されました。
1996年と1997年にカラーチェンジを行い、約14年の歴史に幕を閉じました。

生産終了から年数のたった現在でも、女性を中心に人気が続いています。

GB250クラブマンの基本スペック


全長:2090mm
全幅:685mm
全高:1035mm
ホイールベース:1355m
最低地上高:155mm
シート高:755mm
車両重量:132kg
燃料消費率(1)(km/L):52.2
排気量:249cc
最高出力:30ps
最大トルク:2.5kgf・m
燃料タンク容量(L):15L
燃料(種類):レギュラーガソリン

GB250クラブマンのカラーラインナップ


・グランドグリーンメタリック/パールオルティアホワイト
・ブラック
・レッド

GB250クラブマンの中古車相場\199,000~\898,000




【GB250クラブマンの装備】


GB250クラブマンは特筆すべき装備はほとんどないほどシンプルな設計となっています。
これは、現在にも受け継がれていますが、オーナーの手で競うのカタチにしてほしいといった、開発者の思いが込められているためです。
その結果、多くのカスタムされたGB250クラブマンが生まれ、現在も多くはないですが、カスタムGB250クラブマンが人気を博しています。

【GB250クラブマンのパワーユニット】


空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンは、半球型の燃焼室を持つRFVCシステムの採用、放射状に配置された4本のバルブ、高回転域の強いDOHCが設定されました。


バイク館HP  GB250クラブマン 在庫車両一覧
https://www.bikekan.jp/GB250クラブマン

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。