BMW / BMW R100RS

BMW / BMW R100RSについて

【R100RSの特徴】


R100RSは1976年に発売された、大型のフェアリングを装備したスポーツツアラーの生みの親とされるモデルです。
BMWの中では最も有名と言ってよいほどで、BMWの代名詞となっていました。
1960年代までのBMWは、伝統を重んじる保守的メーカーという評価を受けていましたが、このR100RSの登場が大きなターニングポイントとなりました。

■76年から84年の初代R100RS


保守的メーカーという評価を払拭した初代R100RSは大成功を果たします。
BMWのRシリーズの通り、水平対向ボクサーエンジンを搭載したモデルで、大型のフェアリングはヘルメットのシールドより上部分のみ露出しており、それ以外はフェアリングに収まるほどの大きさでした。
最高出力は、リッターモデルとしては物足りないものの、負圧式キャブレターとの相性が抜群で、力不足のパワーが気にならないほどでした。

1980年代に入ると環境性能の観点から、水平対向エンジンから水冷多気筒エンジンへと方向転換を試みていました。そのため、数多くあった水平対向Rシリーズの1台のみのラインナップとなり、Kシリーズの販売を大きく伸ばしていました。
その時代背景から、R100RSも1984年に生産が終了となりました。

■復刻の86~92年R100RS


ボクサーエンジンから、水冷多気筒エンジンへの方向転換を試みていましたが、BMW伝統のボクサーエンジンには多くのファンが存在し、多くのラブコールが届きました。
ボクサーエンジン復活の第一弾として登場したのがR100RSで、外観こそ変わりないが、スイングアームがモノレバー式となり、リアサスペンションがツインからモノショックへと変更となっていました。
他にもタイヤサイズダウンなど様々な変更が加えられ、先代とは比べ物にならないほどハンドリング性能が向上しました。

その後は1992年まで生産が続けられ、ファンに惜しまれつつも生産終了となりました。
現在でも名前が受け継がれるほど有名で人気なモデルとなりました。

【R100RSの基本スペック】


ホイールベース:1465mm
シート高:230mm
車両重量:230kg
エンジン種類:空冷4ストローク2気筒
排気量:980cc
圧縮比:9.5
最高出力:70ps
燃料供給方式:キャブレター
燃料タンク容量(L):24L
タイヤサイズ(前):3.25-19
タイヤサイズ(後):4.00-18
ブレーキ形式(前):油圧式ダブルディスク

R100RSのカラーラインナップ


・ホワイト
・シルバー

R100RSの中古車相場\798,000~\3,380,000




【R100RSの装備】


1970~80年代のバイクなので、装備類は多くありませんが、スポーツツアラーの始祖として、パニアケース等の長距離用の快適装備はありました。
ハンドルスイッチやメーターなどはシンプルで、時代を感じさせます。

【R100RSのパワーユニット】


復刻後のR100RSは、排ガスや騒音規制への対応もあった為、最高出力は低下していますが、その代わりに低速域重視のセッティングへと変更しています。
常用回転域での扱いやすさが大きく向上しました。


バイク館HP R100RS 在庫車両一覧
R100RS

BMWR100RS-20210903

BMWR100RS-20210903
低走行車両で今回頑張りました!
年式
1984年
走行距離
1.2万km
買取価格 70万円

バイク館
あなたの愛車大切に査定します
査定依頼はこちら

バイク館事故・故障バイク買取りします!

買取に必要な物をご準備いただけると
スムーズに査定結果をご案内できます。

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

必要項目を入力するだけ、カンタン査定

買取金額がすぐわかる!

必要項目を入力するだけで買取金額がすぐわかる!

オンライン自動査定

STEP1 メーカー名の指定

STEP2 排気量の選択

STEP3 車種の選択

STEP4 年式の選択

STEP5 走行距離の選択

中古バイク買取はバイク館SOX! まずはホームページから個人情報不要のオンライン自動査定でバイクの買取相場をご覧ください。